『悲観主義は気分のものであり、
楽観主義は意志のものである。
およそ成り行きにまかせる人間は
気分が滅入りがちなものだ』


アラン 『幸福論』より


幸せのヒント 「意図的楽観主義

  気分が沈んでいる時には、悲観的に考えやすい
  悲観的に考えると、さらに落ち込んでしまう
  楽観的に考えることができると、気分は改善する

  「うまくいくかもしれない」「そのうちにいいこともあるよ」
  「今は××だけど、(努力を続ければ)いつかは○○になる」
  「なるようになる」「明日があるさ」・・・

 悲観的か楽観的かは、その人の「性格」というよりも、「考え方の習慣やクセ」ではないでしょうか。
 習慣は心がけを続けることで変えることができるでしょう。
 そのためには、強い意志が必要なのでしょう。

 暗い気もちになった時には、気分に流されて悲観的に考えないように心がけ、意図的に楽観的に考えられるようになれたらいいのではないでしょうか。


「考え方」に関する名言

  『世の中には幸福も不幸もない。考え方でどうにでもなるのだ』 シェークスピア

  『ものは考えよう』

  『運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう』 D・カーネギー

  『恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切』 松下幸之助



    アランの名言集

幸福論』アラン

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ