『すべての不運や、つまらぬ物事に対して、
上機嫌にふるまうことである。

上機嫌の波はあなたの周囲にひろがり、
あらゆる物事を、あなた自身をも、軽やかにするだろう』


アラン 「幸福論」より


幸せのヒント 「上機嫌処方

  人は機嫌がいいと、いい反応をしやすく
    機嫌が悪いと、悪い反応をしやすくなります

  笑いながらするのと、深刻な顔でするのでは
   対応が変わってくることもあるでしょう

  明るい気もちと、暗い気もちでは、
   考えが変わってくるのではないでしょうか

 上機嫌に“ふるまう”のは意図的なことです。それによって、イヤなことを軽くすますことができたり、自分の心を少しラクにできたり、まわりの雰囲気を穏やかにできたりすることがあるのではないでしょうか。


more hint! 「アランの「幸福論」


「幸福」に関する名言

  『自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、・・・』 武者小路実篤

  『快楽を得ようと努力するのではなく、努力そのもののうちに快楽を見出す』 ジード

  『ビショビショにぬれ切ってしまえ!・・・』 櫻木健古

  『我田引水』



    アランの名言集

幸福論』アラン

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ