『子供たちに幸福である法をしっかり教えるべきであろう。
頭上に不幸がふりかかるときに幸福である法ではない。
周囲の状況がそう悪くもなく、
人生の苦しみが些細な心配事や不快事に
とどまるような場合に幸福である法だ』


アラン 『幸福論』より


幸せのヒント 「幸せである方法

  不幸がふりかかっていなければ、幸せであることはできる
  周囲の状況がそう悪くなければ、幸せであることはできる
  ささいな心配事や不快事ぐらいあっても、幸せであることはできる

 「幸せである」というのは、心のあり方の問題なのでしょう。

  幸せを与えれば、人を一時的に幸せにできる
  幸せである方法・幸せになる方法を教えれば、
   人を一生(特に大きい問題や不幸がない時には)幸せにできる

 自分の子供に、幸せである方法や幸せになる方法を教える親は、どのくらいいるのでしょうか?
 親がその方法を知り、実践できなければ、教えようがないのでしょうが。


more hint! 「幸せになる方法
more hint! 「幸せになる考え方


    アランの名言集

幸福論』アラン

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ