『大きな目標を発見できないでいる人は、とりあえず、
目の前にある自分がやるべきことに、
自分の思いを集中して向けるべきです』


ジェームズ・アレン (イギリスの作家)


目の前のことをちゃんとやることが、いずれ、
いい出会いやいい結果につながるのではないでしょうか


幸せのヒント 「目の前のものを大切にする

大きなチャンスがやってきたら頑張る、
 と目の前の仕事を頑張らない。
それどころか、今の仕事への不満を言い、いいかげんにやる。

いい出会いがあったらその人とのつきあいを大切にする、
 とまわりの人とのつきあいをおろそかにする

このような人が自分の身近にいたらどうでしょうか。
そういう人には、大事な仕事は任せられないし、
 いい友達を紹介したいとも思えないのではないでしょうか。

 『目の前のどうでもいいようなこと、
  とてもチャンスとは思えないことでも、
  その奥に真のチャンスが潜んでいる』 君塚良一 (脚本家)

 『小さなチャンスをないがしろにして、
  いきなり大きなチャンスをつかむことはできません』
                  ジェームズ・アレン

いつも頑張っている人は、
 チャンスの時には、さらに頑張れるのだと思います。

まわりの人とうまくつきあえる人は、
 いい出会いを大切にして、
 さらにいいつきあいができるような気がします。

 『小さな仕事を完璧に行った後には、
  より大きな仕事が必ず待っています』 ジェームズ・アレン

「チャンスがない」「いい出会いがない」というのは、
(自分が努力をしない)言い訳になっていることが多いような気がします。

 『いまの自分のポジションに不満があるのなら、心を切り替えて、
  目の前の仕事にまじめに取り組むことである』 ジェームズ・アレン

目の前のこと、まわりの人を大切にしつつ、
 自分が望むものを目標に努力することが、
 いいチャンスやいい出会いを呼び込み、
 ものにできる可能性を高めるのではないでしょうか。


more hint! 『原因と結果の法則』ジェームズ・アレン
more hint! 「チャンスを生かせる人、逃す人
more hint! 「いいことがない/いい出会いがない


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ