『水にぬれなければ およげませんよ』

相田みつを
「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」(文化出版局)より


幸せのヒント 「多少のことは覚悟してやる

  多少のイヤなこと、多少つらいこと、多少の困難、
  多少気を使うこと、多少の我慢、多少疲れること、・・・

 多少のことを、嫌がったり、恐れたり、避けたりして、やらないことがあります。
 「多少の(イヤな)ことがあるのは当たり前」と覚悟してやったほうがいいのではないでしょうか。
 その前に、なんのためにそれをやるのか、それをやることで得られるものを考え直してみたほうがいいのかもしれません。


「行動する」ことに関する名言

  『試行錯誤』

  『下手な鉄砲も数撃てば当たる』

  『犬も歩けば棒にあたる』

  『聞くは一時の恥 聞かぬは末代の恥』



    相田みつをの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ