『目標は簡単に手に入ってもいけないし、
不可能でも意味がない。つまり、
目標は手に届くか届かないところに
置かなければならない』


岡田武史 (サッカー監督)


今の自分に合った目標を設定することが
とても大事なのではないでしょうか


幸せのヒント 「適度な目標


簡単にできることをやっても、得られるものはごくわずかでしょう。
 喜び、報酬、評価、経験、学べること、自信、・・・

不可能な目標は自分を苦しめるだけではないでしょうか。
 希望や期待がもてない、やる気を維持できない、
 うまくいかない、いずれ挫折する、自信を失う、・・・

夢や目標がもてない人は、
 「大きな目標でなければならない」でも
 「絶対に達成できなければならない」と
 思い込んでいるのかもしれません。

 『遠すぎる目標は、そのひとの現在の行動を動機づけない。
  遠すぎる目標は非現実的でもある。だから、
  中ぐらいの時間的距離の目標をもつことがのぞましいのである』
                白井利明 「〈希望〉の心理学」より

どうしても「やる気が出ない」という場合、
 目標が遠すぎるのかもしれません。

まずは達成可能な目標をもち、
 それが達成できたら、また次の達成できそうな目標を
 設定していけばいいのではないでしょうか。

 『高度な目標に何度も失敗するよりも、
  適度な目標を何度も達成しよう』 斎藤茂太

 『小さな成功体験を忘れていないか。
  成功体験を励みにできる人が成功する』 斎藤茂太

どんな目標でも、達成できたという実績は、
 それなりの自信につながるでしょう。
それを積み重ねることで、だんだん大きな目標も
 もてるようになれるのではないでしょうか。


more hint! 「中間目標と締め切りを設定する
more hint! 「目標達成のヒント


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ