『苦しみに出会ったら、まず感謝するがよい。それから、
その苦しみが何のために役立つかをたずね給え』


カール・ヒルティ 「幸福論」より


苦難を前向きに受け入れることができるといいのでしょう
何か役に立つことが、きっとあるのではないでしょうか


幸せのヒント 「苦難

 『苦しみが私たちの生活に訪れてくる時、
  ほほえみをもって受け入れましょう』 マザー・テレサ

 『苦難がくればそれもよし、
  順調ならばさらによし』 松下幸之助

苦難も受けとめ方によって、
 感じ方が違ってくるのではないでしょうか。

 『じたばたしたり苦しんだりした時は、実はチャンスなんだ。
  自分になにが起きているかをしっかり観察すると
  見えてくるものがあるみたいだ』 小泉吉宏

 『あなたがそれをただ避けようとせず、
  その苦しみの意味を理解しようと真剣に願うならば、
  やがて必ずそれを発見するだろう』 ヒルティ

求める心があれば、苦難の中からも、
 価値あるものが見つけられるのでしょう。

 『禍を転じて福となす

 『運命がレモンをくれたら、
  それでレモネードを作る努力をしよう』 D・カーネギー

「不幸を幸せに変える」ことができたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「受け入れるということ
more hint! 「不幸を幸せに変えられるようになるために
more hint! 『幸福論』ヒルティ



    カール・ヒルティの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ