『ある程度孤独を愛することは、
静かな精神の発達のためにも、
また、およそ真実の幸福のためにも、
絶対に必要である』


カール・ヒルティ 「幸福論」より


一人の時間を大切にすることが大事なのではないでしょうか
精神の発達のためにも、幸せのためにも


幸せのヒント 「一人の時間の使い方

“孤独”というと、「寂しい」イメージがありますが、
 「一人の(自由な)時間」とも考えられます。
自由な時間は使い方しだいで、幸せな時間にすることが可能でしょう。

日常的に幸せになるためには、精神の発達が必要なのでしょう。
そのためには、
 物事を一人でよく考えることが大事なのではないでしょうか。

自分の幸不幸が人に左右されやすい人は、
 幸せになるのは難しいのかもしれません。


more hint! 「自分を省みる時間をもつ
more hint! 「寂しい/孤独感に悩む
more hint! 『幸福論』ヒルティ



    カール・ヒルティの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ