『「許すことはできるが忘れることは出来ない」
というのは、結局、
「許すことは出来ない」というのと同じことだ』



ヘンリー・W・ビーチャー (アメリカの牧師・作家)


口では「許す」と言っても(頭では「許そう」と思っていても)、
相手の行為を思い出して気分を害しているうちは、
許していないのと変わらないのかもしれません


幸せのヒント 「許す/忘れる

人にイライラしたり腹を立てたり、いつまでもするのは、
 「自分のために」やめたほうがいいのではないでしょうか。

 『自分の健康と幸福のために敵を赦し、忘れてしまおう』 D・カーネギー

 『許すはよし、忘れるはなおよし』 ロバート・ブラウニング

一つには、「自分の体の健康のため」。
もう一つには、「自分の心の平安・幸福のため」。

 『人は愛している限り赦す』 ロシュフーコー

愛する人を許せないのは、相手への愛が足りないのか、
もしくは、自分への愛が強すぎるのかもしれません。

 『弱い者ほど相手を許すことができない。
  許すということは、強さの証だ』 ガンジー

人を許せない、人に腹を立てるのは、
 「自分(の心)が未熟だから」と
 考えられるといいのではないでしょうか。

 『そもそも〈許す〉ことは本来、
  人間の仕事ではないのではないでしょうか。
  〈許す〉というのは、どこか傲慢な感じがします』 五木寛之

「許そう」と思っても、つい思い出してしまうことはあるでしょう。
「忘れよう」と思っても、なかなか忘れられないでしょう。
「忘れよう、忘れよう」と意識するのは逆効果でしょう。

「許さなくてもいい」「忘れられなくてもいい」と考え、思い出すたびに、
 心を切り替えられるようになれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「許せない/許さなくてもいい
more hint! 「忘れられない/忘れられなくてもいい
more hint! 「心を切り替えるための幸せになる考え方



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ