『ゲームだと思えば人生はもっと楽しめる』


弘兼憲史 「「強い自分」は自分でつくる」より


幸せのヒント 「ゲームだと考えてみる

 「人生はゲームだ」と考えてみることで、
  今までの自分にはなかった
  考え方や心のもち方ができるのかもしれません

「人生はゲーム」だと考えてみるメリット

1.力を抜くことができる
 人生での重大なことも「ゲームだ」と思えば、ラクに考えられるのではないでしょうか。
 あまり深刻に考えすぎるとつらくなるでしょう。
 少し力を抜いて考えたほうが、ラクだし、いい考えもしやすいでしょう。

2.思いっきりがよくなる
 ゲームでは「勝利」という目標を目指します。
 人生でも「夢や目標」をもったほうが幸せになりやすいと思います。
 「ゲームだ」と思えば、大きな目標をもて、思いきってチャレンジできるでしょう。

3.よく考えられる
 ゲームだと一所懸命に考えられると思います。
 「勝利」という目標を達成するための手段をいろいろと考えられるでしょう。
 また、勝つためには、大局的な考え方や、先(の先)を読んだ考え方を心がけるでしょう。
 人生でも、真剣なゲームと同じようによく考えることができたらいいでしょう。

4.不幸な成り行きも受け入れられる
 ゲームの最中には、望み通りに行くことも、望み通りに行かないこともあります。
 成り行きに一喜一憂しても、落ち込んだりせずに最後まで勝利を目指します。
 ゲームにも、人生にも、運不運があります。
 幸運は大いに喜び、不運はそのまま受け入れ、その先のことを考えられたらいいでしょう。

5.愉しむことを優先に考えられる
 ゲームでは「勝利」を目指しますが、一番の目的は「愉しむこと」と考えたほうがいいでしょう。
 たとえ負けたとしても、充分に愉しめればいいのではないでしょうか。
 人生でも、夢や目標が達成できなくても、充分に愉しみ、その中でたくさん幸せを感じられたらいいのではないでしょうか。
 愉しむためには、心の余裕や遊び心をもてたらいいのでしょう。

 他にも、いろんな効果がありそうな気がします。

 「人生はゲームだ」という考え方はあまり真面目なものではないかもしれません。
 でも、真面目すぎるとなかなか愉しめないし、つらくなることも多いと思います。
 時には、こんな考え方をしてみるのもいいのではないでしょうか。




    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ