『進歩とは反省の厳しさに正比例する』

本田宗一郎


幸せのヒント 「反省は何のため?

  反省は、自分を責めたり落ち込んだりするためにするのではありません
  また、反省しているフリを人に見せるためでもないでしょう
  反省は、「進歩するため」にするもの

 進歩があまり感じられない時には、「反省の厳しさが足りないのではないか?」と反省してみると良さそうです。
 そして、「どう反省を活かそうか?」と具体化することが大事なのではないでしょうか。



    本田宗一郎の名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ