『明るく「NO」と言うほうが、
無表情に「YES」と言うよりもいい』


バルタザール・グラシアン (スペインの作家)


相手の思惑よりも自分の心を大切にして、
「YES」「NO」を言えるといいのではないでしょうか


幸せのヒント 「「NO」と言う

 『「NO」と言うことは、自分がやりたいことを
  実践するための基本的な選択肢の一つ』 A・ストッダード

 『一度「ノー」と言うことは、
  あなたとあなたを振り回す人との関係に画期的な変化をもたらします。
  あなたを振り回す人は、
  あなたが「決して」断らない、断ることができない弱者であるから、
  あなたに要求し続けているものです』 海原純子

自分がやりたいことをやるためにも、
 やりたくないことをやらないためにも、
 「NO」と言えるようになれたらいいのでしょう。

 『自分を守るために「NO」という
  言葉を使ってみてください』 A・ストッダード

 『私たちが何かをしたくない場合、正当な理由はいらない。
  「したくないから」という理由で十分なのだ』 J・ミンチントン

「NO」と言いづらいがために、無理をしないほうがいいのでしょう。

 『きっぱりノーと言えることが、人生を楽にしてくれる』 大島渚

 『「NO」ということで、自分の成長を助け、
  さらに前進する環境を作り出すことができます』 A・ストッダード

時には、「NO」と言うことで、
 自分が幸せになるための時間を増やせたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「ことわれない/ことわってもいい


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ