『不当な非難は、しばしば
偽装された賛辞であることを忘れてはならない。
死んだ犬を蹴飛ばすものはいないことを思い出そう』


デール・カーネギー 『道は開ける』(創元社)より


幸せのヒント 「相手の問題

   不当な非難の原因は、
    相手が自分に嫉妬しているのかもしれません
    相手が何かを誤解しているのかもしれません
    相手には人を非難する悪いクセがあるのかもしれません
    相手には自分が知らない何か深い事情があるのかもしれません
    相手がその時たまたま機嫌が悪かっただけかもしれません

  人から非難された場合には、一時的に腹が立ったり、
   悲しかったり、悔しかったりしてしまうのはしかたがないでしょう。
  でもそのために、ひどいことを言い返したり、
   落ち込んだり、恨んだりするのはよくないでしょう。
  「そんな自分にはなりたくない」のではないでしょうか。

  嫉妬するのも、誤解するのも、悪いクセも、
   深い事情があるのも、機嫌が悪いのも、「相手の問題」です。
  自分に特に問題がないのなら、
   相手の問題でそんなに振り回されないほうがいいでしょう。
  「この非難は相手の問題」と考え、
   受け流すことができたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「悪口・カゲ口に悩む



    デール・カーネギーの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ