『人間は、だれでも周囲の者に
認めてもらいたいと願っている。
見えすいたお世辞は聞きたくないが、
心からの賞賛には飢えているのだ』


デール・カーネギー 「人を動かす」より


人からほめられれば、誰でもうれしいでしょう
ほめることの効果は案外大きいのかもしれません


幸せのヒント 「人をほめる

 『お世辞と感嘆のことばとは、どう違うか? 答えは、簡単である。
  後者は真実であり、前者は真実でない。
  後者は心から出るが、前者は口から出る。
  後者は没我的で、前者は利己的である。
  後者はだれからも喜ばれ、前者はだれからも嫌われる』 D・カーネギー

 『誰かをほめるときは、
  できるだけ具体的にほめましょう』 ギャビン・ウィトセット

 『人に関心を持たない人は、ほめることもできない。
  関心を持って観察しているからこそ、
  ちゃんと人の長所が見えてくるのである』 斎藤茂太

「人のいい所に気づき、素直に相手に伝える」ことは
 人間関係を良くするために役立つ方法でしょう。

 『ほめる気になればいくらでもほめられる。
  けなす気になればいくらでもけなせる』 斎藤一人

 『人のことをよく言う習慣を養成しなさい。
  交わっている友人のよい特質に留意し、
  その過失や欠点はできるかぎり見ないようにし……
  その人の生活や品性のどこかをほめなさい』 エレン・G・ホワイト

 『ほめる習慣をつけるのは簡単だ。
  ほめることの大切さを自覚して実行すればいい』 カールソン夫妻

人をほめる習慣ができれば、
 人間関係がより良好になるのではないでしょうか。


more hint! 「人をほめることの大切さ・価値と勇気



    デール・カーネギーの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ