『何か解決すべき難問を抱えていたら、
まず歩くのがいちばんなのだ。
決定しなければならないことがあったら、
まず歩くことだ』


デイヴィッド・クンツ 「急がない!」より


すごく悩んだとき、迷ったとき、
(時間と空間の余裕があれば)歩くといい


幸せのヒント 「歩く

 『ちょっと気分が落ち込んだとか、仕事がうまくいかないというとき、
  とにかくウォーキングをしてみましょう。
  脳がリフレッシュした感じになると同時に、
  セロトニンも増えて、不安感がなくなってくるはずです』 米山公啓

 『ここにも時々、心を病んでしまったお子さんのことについて
  親御さんが相談に来られるんだけれど、
  ぼくはいつも「歩くといいよ」とすすめるんです。
  歩くことは積極的になるっていうことだからね』 酒井雄哉

 『もうダメだ、前へ進めない、
  苦しくて苦しくて……と思っている人がいたら、
  何も考えずに外へ出て歩いてみてください』 増田明美

心の調子が悪いときには、歩くと不安感が減り、積極的な気もちになれる。

 『歩くことと、考えることは直結している。
  歩くことによって、その先の道が見えてくる』 石川直樹

 『時々、機会を見つけて外出しなさい。そして、リラックスしよう。
  外から帰ってくると、あなたの判断はより確かなものになります』
                    レオナルド・ダ・ヴィンチ

悩んだときには、歩くことで、いい考えができるようになる。


more hint! 「心が沈んだ時には、歩く
more hint! 「悩みや問題があっても幸せに暮らせるようになるために
more hint! 「ハッピー・ウォーキング



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ