『自分を他の人の立場におけば、
われわれがしばしば他の人に対して感ずる
嫉妬や憎悪はなくなるだろう。
また他の人を自分の立場においたら、
高慢や独りよがりは大いに減ずるだろう』



ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


人の立場になって相手のことを、客観的に自分のことを
考えられれば、もっと心穏やかに暮らせるのかもしれません


幸せのヒント 「立場を変えて考えてみる

相手の立場になって、もしくは、客観的に
 相手のことを考えることができれば、
 怒りや憎悪や嫉妬などの悪感情に駆られることは減るのでしょう。

 『「もし自分が相手だったら、果してどう感じ、
   どう反応するだろうか」と自問自答してみるのだ。
  これをやると、腹を立てて時間を浪費するのが、ばかばかしくなる』
                        デール・カーネギー

 『他人のなすあらゆる行為に際して
  自らつぎのように問うて見る習慣を持て。
  「この人はなにをこの行為の目的としているか」と』
                      マルクス・アウレリウス

自分のことも、他の人の立場になって、もしくは、
 客観的に考えることができれば、
 冷静にいい考え方ができるのかもしれません。

 『リンカーンなら、この問題をどう処理するだろう』 ルーズベルト

 『客観的に自分を見る練習というのは、
  自分が宇宙の目になるということ。
  または、自分が将来の目になって現在を見るということ』 秋元康

人の立場になれる、人の気もちになれる人が、多くの人を動かし、
 それだけ成果を得ることもできるのでしょう。

 『人を動かすことのできる人は、
  他人の気持ちになれる人である』 本田宗一郎

 『成功に秘訣というものがあるとすれば、
  それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、
  他人の立場からも物事を見ることのできる能力である』 フォード

人間関係を深めるためには、
 相手の身になって考えることが大切なのではないでしょうか。

 『やさしい言葉をかければ、信頼が生まれる。
  相手の身になって考えれば、結びつきが深まる。
  相手の身になって与えれば、愛がめばえる』 老子


more hint! 「人に対する悪感情
more hint! 「なりたい自分なら?



    ゲーテの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ