『何度も失敗して経験を重ねると、
勘が冴えてくる』


小柴昌俊


未経験・未知の領域では、勘を働かせることも重要
勘を養うには、失敗と成功の経験を積み重ねること


幸せのヒント 「

『勘の良さがなにごとにおいても必須条件の一つである』 松下幸之助

『たびたび、直感が、たのみの綱になる』 ビル・ゲイツ

重大なことでも、勘が頼りになることがある。

『カンっていうのは磨けば磨くほど当たりがよくなる。
 じゃ、カンを磨くにはどうしたらいいかというと、
 もうとことん、手って低的に考え抜くことね』 小柴昌俊

『カンとは頭の働きではなく、
 不断の練習の結果生まれるものだ』 中村寅吉

『習練の積み重ねの中から生まれるカンは、
 科学では及ばぬほどの正確性、的確性を持っている』 松下幸之助

勘は努力によって磨くことが可能。

『カンにかたよっても、科学にかたよってもいけない。
 その二つを車の両輪のように使わなければならない』 松下幸之助

『カンとは実力なり、実力とはカンなり。だから
 実力を伴わないカンは独善になり、錯覚になってしまう』 木村義雄

確かな実力に基づいて、勘を働かせる。




    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ