『「あるがまま」っていう気持ちで
執着を捨てると、
すごく解放された気がする』


シャクティー・ガーウェイン
「マインド・カレンダー」(たま出版)より

【執着】「強く心をひかれ、それにとらわれること」(広辞苑)


幸せのヒント 「執着から離れる

  ○○にならないと(幸せになれない)
   何かが手に入らないと、目標が達成できないと、・・・
  思い通りにならないと(気がすまない、許せない)
  ねばならない
   人はこうあらねばならない、自分はこうならないといけない、・・・
  ××だから(幸せになれない)
   私は××だから、まわりの人が××だから、社会が××だから、・・・

 悩み苦しんでどうにもならなくなってしまった時には、何かに執着しているのかもしれません。その何かは(その時点では)現実的なものではないのでしょう。
 執着を捨て、「あるがままでもいい」と考えることができれば、心がラクになれるでしょう。

 「あるがままの現実から始めよう」と考えたほうがいい時があるのではないでしょうか。




    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ