『じたばたしたり苦しんだりした時は、
実はチャンスなんだ。
自分になにが起きているかをしっかり観察すると
見えてくるものがあるみたいだ』


小泉吉宏 「ブッタとシッタカブッタ」
     (メディアファクトリー)より


幸せのヒント 「苦しい時は、自分を知るチャンス

  何が自分を苦しめているのだろうか?
   現実か? 自分の欲か? 自分の考え方か?
  苦しみを少しでも軽くするためにできることは?
   現実を変えることか? 欲をなくすことか? 考え方を変えることか?

 痛みは身体に何か問題があることを知らせてくれます。心の痛み(イヤな気もち)は心に何か問題があることを知らせてくれるのではないでしょうか。
 苦しい時に、自分の心(の動き)をしっかり観察してみれば、幸せになるヒントが見つかるのかもしれません。



「苦・不幸」に関する名言

  『賢人は、妨げうる不幸を座視することはしない一方、・・・』 ラッセル

  『雨は一人だけに降り注ぐわけではない』 ロングフェロー

  『苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし』 水戸黄門

  『災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候・・・』 良寛



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ