『愛は一年中が旬で、
誰でも手が届くところになっている果物である』


マザー・テレサ 「愛と祈りの言葉」より


愛は、いつでも、どこでもできる
自分が幸せになる方法ということではないでしょうか


幸せのヒント 「愛とは

  愛の実践とは、人を幸せにすること
  愛の成果とは、自分の幸せ

 『愛情には一つの法則しかない。
  それは愛する人を幸福にすることだ』 スタンダール

人は一人では生きていけません。
まわりに人がいるということは、
 愛の対象は手が届くところにいるということでしょう。

人を幸せにする方法はたくさんあります。
愛を実践するチャンスは日常的にあるのではないでしょうか。

と言っても、すごいことができるわけではないと思います。

 『私たちはこの世では大きいことはできません。
  小さなことを大きな愛でするだけです』 マザー・テレサ

また、愛の実践はすぐにうまくできるものでもないでしょう。
人を愛するためには、それなりの技術や能力も必要でしょう。

 『愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、
  愛こそが現実の社会生活の中で、
  より幸福に生きるための最高の技術である』 エーリッヒ・フロム

  技術は、実践することで身につけていくものです
   技術は、自分の経験や人や書物などから学んでいけるものです
   技術は、努力と工夫で磨いていくことができるものです
   技術は、何かの役に立てるものです

愛の技術を磨き、幸せに生きるために
 役立てることができるようになれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「人を愛する幸せ
more hint! 「人を愛する幸せを感じられるようになるために
more hint! 「愛について


    マザー・テレサの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ