『二人の人間が鉄格子の窓から外を見ていた。
一人は泥を、もう一人は星を』


ラングブリッジ 「不滅の詩」


何を見て何を考えるか、それによって心模様は大きく変わる
下を向いて暗い気もちになるより、上を向いたほうがいい


幸せのヒント 「悲観より楽観

 『世の中には幸福も不幸もない。
  ただ、考え方でどうにでもなるのだ』 シェークスピア

 『悲観主義者とはドーナッツの穴に目を向ける人のことだ』
             マックランドバーグ・ウィルソン

悲観的に考えると暗い気もちになり、反対に楽観的に考えると……。
悲観的な考えはいくらでもできます。同様に楽観的な考えも……。

 『悲観主義は弱さを招き、
  楽観主義はパワーをもたらす』 ウィリアム・ジェームズ

 『不運のとき、悲観すればするほど、
  よりいっそうよくない現実が現実にくる』 中村天風

 『人生はオプティミストにもペシミストにも
  等しく挫折や試練を与えるが、オプティミストのほうが
  上手に切り抜けて生きていく』 マーティン・セリグマン

悲観的に考えるよりも、
 楽観的に考えたほうがいい結果にむすびつきやすいのでしょう。

 『悲観主義は気分のものであり、
  楽観主義は意志のものである』 アラン

 『楽観主義を身につければ、必要な時だけ
  それを使うことができるのだ』 マーティン・セリグマン

悪い気分に流されて悲観的な考えを続けずに、
 楽観的に考えるように心がける。
心がけを続ければ、習慣となり、楽観主義が身につく。


more hint! 「意図的楽観主義のすすめ
more hint! 「性格というよりも、考え方のクセ
more hint! 「不幸を数えて暮らすより、幸せを数えて暮らそう


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ