『足ることを知る者は富めり。
強(つと)めて行う者は志有り』


老子 (中国・春秋時代の思想家)

「(もっているだけのもので)
 満足することを知るのが富んでいることであり、
 自分をはげまして行動するものがその志すところを得るのである」
                       (小川環樹訳注)


幸せのヒント 「知足と志

不満を感じることが多い人、幸せを感じられない人は、
 自分がもっている幸せを見直したほうがいいのかもしれません。
今幸せになるためには、今もっている幸せを感じるしかありません。

幸せな事がないという人、将来幸せになりたい人は、
 自分が幸せになれる目標をもって努力すればいいのでしょう。
志(幸せの目標)に向かって、自分をはげましつつ行動すれば、
 希望をもって生きられるでしょう。

「足るを知る」ことの価値を知り、
「志をもって努力する」価値を知るならば、
「今は幸せ」と思いつつ、
 さらなる幸せを目指して、
 イキイキと生活できるのではないでしょうか。


more hint! 「幸せを感じられるようになるために
more hint! 「目標達成のヒント


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ