『禍や福のよる所、福や禍の伏す所なり』


老子 (中国・春秋時代の思想家)


「不運なとき、そこには幸運がよりそっており、
 幸運なとき、そこには不運がひそんでいる」
       「老子」(小川環樹訳注/中公文庫)より


幸せのヒント 「幸不幸

 『不幸な人は希望をもて。幸福な人は用心せよ』 ラテンのことわざ

 『幸運の時には分別、不運の時には忍耐』 ドイツのことわざ

幸せな状況が続いている時でも、
 油断しない、慢心しないほうがいいのでしょう。

不幸な状況が続いている時にも、
 希望をもって、忍耐していれば、
 状況が好転する時がきっと来るのではないでしょうか。

 『悲しい日にはこころをおだやかにたもちなさい。
  きっとふたたびよろこびの日がおとずれるから』 プーシキン

 『幸福は身体にとってはためになる。
  だが、精神の力を発達させるのは悲しみだ』 プルースト

 『苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし』 水戸黄門

幸せな時には、「幸せを力に」に
 さらに幸せになれることができるといいでしょう。
不幸な時には、
 「不幸を幸せに変える」ことができるといいでしょう。


more hint! 「幸せを力に
more hint! 「不幸を幸せに変えられるようになるために


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ