『他人をゆるすことは自分をゆるす第一歩』

ジェラルド・G・ジャンポルスキー (アメリカの精神医学者)


他人をゆるせないということは、
自分をゆるせないことにつながるのかもしれません


幸せのヒント 「自分のために、人をゆるす

 『私たちが敵に憎しみを感じると、
  むしろ自分自身が敵に支配されることになる』 デール・カーネギー

 『ゆるさないという思いは、
  苦しみをもたらし、さまざまな症状を引き起こします。
  否定的な感情によって自分の体を痛めるのは、
  そろそろやめにしませんか』 ジャンポルスキー

自分が人を「ゆるさない」ことで
 いちばん苦しむのは、自分自身なのではないでしょうか。

 『なぜゆるすのかといえば、自分を過去から自由にするためです。
  他人への恨みつらみから、自分を自由にするためです』 ジャンポルスキー

 『「いいんだよ」の一言が“許し”となって、
  子どもたちは泣くのです』 水谷修(夜回り先生)

 『ゆるしは自分も他人も癒します』 ジャンポルスキー

「ゆるす」ことで、
 自分も、相手もラクになれるのでしょう。

 『自分の健康と幸福のために
  敵を赦し、忘れてしまおう』 デール・カーネギー

 『あなたは安らぎがほしいか。
  ゆるせば、安らげるだろう』 ジャンポルスキー

 『「ゆるそう」という心が、ゆるしへの鍵』 ジャンポルスキー

自分(の心身の健康・安らぎ・幸せ)のために
「ゆるそう」と考えたほうがいいのではないでしょうか。


more hint! 「許せない/許さなくてもいい
more hint! 「自分に返ってくる


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ