『体に悪いことを人生から差し引くより、
体にいいことを人生にプラスしよう』



斎藤茂太 (精神科医・作家)


幸せのヒント 「できれば、悪いことをやめ、いいことをする

 体に悪い習慣をやめる、体にいい習慣をつくる
 どちらも良いことです。両方すれば一番好いのでしょうが……

体に悪いとわかっていても、
 なかなかやめられないこともあるでしょう。
努力しても、やめられずに、
 イライラしたり、自分を責めたり、
 落ち込んだりしてしまうこともあるでしょう。
悪い習慣にも何かしら価値があるのでしょう。

やめられないことを無理してやめようとして苦しむよりも、
 やれることをやったほうがいいのかもしれません。

 悪いことをやめ、いいことをする(理想的)
 悪いことはやめられないが、いいこともする(現実的)
 悪いことはやめられず、いいこともしない(最悪)

現実的な目標をもつことが必要な場合もあるのでしょう。
また、悪いことを少しでも減らし、
 いいことを少しずつ増やしていく、
 という方法が可能な場合もあるでしょう。

体と同様に、
 できれば心に悪いことはやめ、心にいいことをする
 ように心がけることも大事なのではないでしょうか。


more hint! 「いいことをする
more hint! 「よい習慣を身につける



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ