『楽しいときに笑うのは当たり前。
苦しいとき、悲しいとき、
“にもかかわらず”笑おう』



斎藤茂太 (精神科医・作家)


苦しい時でも笑うことができると、少しはラクになれそうです
それを意識して実践できるようになれたらいいのではないでしょうか


幸せのヒント 「“にもかかわらず”笑う

 『自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ』 S・ジョンソン

 『自分を笑い飛ばしてしまえるというのは、
  上機嫌の技としてはかなり上級、優れた力です』 齋藤孝

  自分の愚かさ・未熟さをあざ笑ってしまう
  自分の困難・苦境を笑い飛ばしてしまう
  どうにもならないことは笑ってしまうしかない

笑うことで、心の力が抜け、少しはラクになれるのでしょう。
現実を笑い飛ばすことで、軽く受け流すことができるといいのでしょう。
笑ってしまえば、気もちが少し明るくなるのではないでしょうか。

 『笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生』 ドイツの格言

つらい状況が変わらないのなら、
 できるだけ笑って過ごしたほうがいいのではないでしょうか。

苦しい時、悲しい時、困った時、つらい時などに、
 「“にもかかわらず”笑ってしまおう」
 と意図的に考えられるようになれるといいのでしょう。

 『上機嫌の技は、天然のご機嫌さではなく、
  「……にもかかわらず上機嫌」「……敢えて上機嫌」といったもの。
  にもかかわらずというところに知性の成熟があります』
                    齋藤孝 「上機嫌の作法」より

 『“にもかかわらず”笑える人は、人間として成熟した人だ』 斎藤茂太

「“にもかかわらず”笑う」のは難しいことかもしれませんが、
 ラクになるためにも、人間として成長するためにも、
  その技を身につけることができたらいいのではないでしょうか。


more hint! 『上機嫌の作法』齋藤孝
more hint! 『「大切にされる人」94のヒント』斎藤茂太



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ