『自分で自分を助けようとする精神こそ、
その人間をいつまでも励まし、元気づける』

『自分に対して「最良の援助者」になれ』



サミュエル・スマイルズ (イギリスの作家・医者)


幸せのヒント 「自助の精神

 “自助の精神”をもち、自分に対して
 「最良の援助者」になれるように努力することが大事なのでしょう

“人の助け”“社会の助け”“天の助け”がある時もあります。
でも、それらを期待しすぎ、それらがないことを嘆き、
 不幸になるのは、自分のためによくないでしょう。
いつでも期待できるのは、“自分の助け”だけでしょう。

「自分で自分を助けよう」などと考えたこともない、
 という人も多いのではないでしょうか。
「自分で自分を助けよう」と考えれば、できることがあるはずです。

 自分を元気づける、自分を励ます、つらい時には自分の心を支える、
 危ない時には自分を救う、自分を幸せに導く、・・・。

このようなことを心がけられるようになれたらいいのでしょう。
まずは、「自分で自分を助けよう」という
 “自助の精神”をもつことではないでしょうか。

 『天は自ら助くる者を助く

「自分を幸せにしよう」と努力を続ける人に天は幸せを与えてくれる。
そう信じて努力することが大事なのではないでしょうか。

 『自分の幸福や成功については、
  あくまでも自分自身が責任を持たなければならない。
  確かに、どんなに立派で賢い人間でも他人から大きな恩恵を受けている。
  だが、本来の姿からいえば、われわれは自らが自らに対して
  最良の援助者にならなければいけないのである』 スマイルズ

人生の責任は、結局は、自分が経験としてとることになるのです。
人や環境や自分のせいにして嘆いていてもしかたがないでしょう。

いつでも自分を助けられるのは自分だけです。
自分をいちばんよく知っているのも自分です。
自分を助けるいい方法を考えれるのも自分でしょう。

ただし、未熟な自分のままでは、
 あまり自分を助けることはできないでしょう。
自分を助けられるような自分を育てていくことで、
 自らに対して最良の援助者になれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「もっと自分を大切にしよう
more hint! 「自分を育てるために



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ