『好き嫌いによりて憂い生じ、おそれ起きん。
好悪を離れし人に何の憂いやおそれあらん』



釈迦 「法句教」


好きなもの(物・人・事)がない(いない/できない)、
嫌いなもの(物・人・事)だ、と不愉快になり、心をわずらわす
好き嫌いにとらわれなくなれば、そういうことはなくなる


幸せのヒント 「嫌わないように心がける

 『人を見下してはいけません、嫌ってもいけません。
  それらはもめごとと争いしか生まないのですから』 エドガー・ケイシー

 『人を嫌いだ、イヤだと思うその気持ちは、
  まさしくイヤなものじゃないか。
  自分にとってイヤなものじゃないか』 池田晶子

人を嫌わないほうが、自分のためにいい。

 『自分も完璧な人間ではなく、
  きっと人から見たら嫌なところがいっぱいある。
  ならば、お互い様じゃないか』 江口洋介

 『この世には完全無欠の物もなければ、全然無用の品もない。
  われわれの親にも子にも友人にも欠点があれば、
  われわれの憎み嫌う人にも特長がある』 新渡戸稲造

人に嫌なところがあってもいい(あるのが当たり前)、
 それに、いいところもあるはず。

 『自分を愛する人は、自分を愛するからこそ、
  他人を嫌うということをしないんだ』 池田晶子

 『常に嫌いだと思う相手には、つとめて親切にし、
  やさしくするような気持ちに自分を仕向ける』 中村天風

自分(の幸せ)のために、
 嫌な相手にもやさしくするように心がける。


more hint! 「人の好き嫌い
more hint! 「嫌いな人がいる
more hint! 「やさしさの法則





    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ