『他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、
心の傷はいやされなくても、気はらくになる』


シェークスピア (イギリスの劇作家)


幸せのヒント 「現実を受け入れる

 「どうして自分がこんな目に・・・」と思っているよりも
 「同じような経験をしている人が他にもいる」と考えたほうが
  少しは気がラクになれるのでしょう

不幸な出来事があった時に、
 「どうして自分(だけ)がこんな目に・・・」「信じられない」
 「こんなことはあってはいけない」などと思っていると、
 (悪)感情はなかなかおさまらないでしょう。
 「(世の中には/人生には)こういうこともある」
 「同じような経験をしている人が他にもいる(はず)」
 「自分だけじゃない」などと考えられれば、
  それだけで悪感情が少しはおさまるでしょう。

心が現実に逆らっているうちは、心の中は波立ったままでしょう。
心が現実を受け入れることができれば、心の中は静まるでしょう。

不幸な事は、
 まず現実として受け入れることで心を落ちつけてから
 考えられるようになれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「受け入れる


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ