『書物から人生の知恵をくみつづけること、
これが読書の大きな目的である』



ジョン・トッド 「自分を鍛える」(三笠書房)より


読書の目的は人それぞれにいろいろあるのでしょうが、
自分の人生に役立つ知恵を得られたら、とても有益でしょう


幸せのヒント 「読書のしかた

 『読書して考えないのは、
  食事をして消化しないのと同じである』 エドマンド・バーク

 『読んだものを自分のものにするには、まず読みながら考え、
  読み終えてからも考えることである』 ジョン・トッド

本をただ丸呑みにせず、噛みながら読み、
 さらによく考えて消化することで、
 自分の身につけることができたらいいのでしょう。

 『読書は単に知識の材料を提供するだけである。
  それを自分のものにするには思索の力である』 ロック

 『偉人のやり方をそのまま真似るというのではなく、
  それにヒントを得て自分の持ち味に合わせたあり方を
  生み出さねばならないと思う』 松下幸之助

自分なりに消化して、
 自分のものにすることが大事なのでしょう。

 『本というものは、僅か数行でも役に立てば、
  それだけで十分ねうちのあるものだ』 津田左右吉

自分の人生に役立つ知恵が一つでも得られたとしたら、
 その本を読んだ価値は十分にあったと言えるのでしょう。


more hint! 『自分を鍛える』ジョン・トッド



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ