『何かを学びとってやろう
という意気ごみですべての人に接する。
この習慣を身につけると否とでは、
四十歳になるはるか以前から
その人の人格に顕著な違いが出てくる』



ジョン・トッド 「自分を鍛える」(三笠書房)より


人間関係の中では、学べることがたくさんある
学びとろう、という意識があるのとないのとでは大違い


幸せのヒント 「イヤな人からも学ぶ

他人に対して苛立ちを感じた時は、
 自分について知るいい機会である』 ユング

だれにでも人生に一人や二人、
 「あの人といるとどうもイライラする」
 「何となくソリが合わない」「あいつだけはイヤ」
 という人に出会ったことがあるでしょう。
 実は、こういう人たちは、わたしたちが
 まだ未熟なところがあることを、その存在を通して
 教えてくれるから有り難い存在なのです』 ヒュー・プレイサー

自分をイヤな気もちにさせる人は、
 自分の未熟さを知るのに役立つ存在。

『嫌な上司にめぐり合ったときこそ、
 サラリーマンの器量の磨きどころ。
 忍耐力、知恵、政治力を含めて、人間の器量が試される』 江坂彰

人生は学校であり、厄介な人は教師である』 マーク・I・ローゼン

イヤな人との出会いは、何かを学び、成長するための良い機会。


more hint! 「嫌な上司がいる
more hint! 「いい練習相手



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ