『あなたが人と仲違いをしたとき、
人があなたに不満な様子を見せたとき、
人があなたに背いたとき、
その人に罪があるのではなく、
あなたの中に善が足りなかったのだ
と考えるほうが正しい』



トルストイ (ロシアの作家)


人の罪をとがめても何も得られない
自分に足りないものに気づければ、得るものがある


幸せのヒント 「人のせいより自分の問題

 『己を責めて 人を責むるな』 徳川家康

 『人をとがめず、わが誠の足らざるを尋ぬべし』 西郷隆盛

 『他人をとがめんとする心をとがめよ』 清沢満之

人を責めるよりも、自省したほうがいい。
少なくとも、人を責めたいと思う自分の心に問題がある。

 『よく調べもせずに、簡単に悪と決めてかかるのは、
  傲慢と怠惰のせいである』 ラ・ロシュフーコー

 『相手を非難しても始まらない。非難はどんな馬鹿者でもできる。
  理解することに努めねばならない。
  賢明な人間は、相手を理解しようと努める』 デール・カーネギー

 『人のあやまちをいうほどのものは、
  わが身に徳なき折りのことなり』 明恵上人

人を尊重し、人を理解しようとする思いやりの心が大事。
そういう心がもてない自分に問題がある。


more hint! 「人に対する考え方



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ