『人を喜ばせようという気持ちは、誰もが持っている。
けれど人づき合いのなかで、
実際に人を喜ばせる方法を知っている人は少ない。
君には是非、これを知ってもらいたいと思っている』


チェスターフィールド 「わが息子よ、君はどう生きるか」


人を喜ばせるのはうれしいこと
その方法を知ることが、幸せにつながる


幸せのヒント 「人を喜ばせる

幸福になりたいのだったら、
 人を喜ばすことを勉強したまえ』 M・プリオール

『人は、愛する人や尊敬する友人に対しては、
 自発的に相手を気遣い、喜ばせてあげよう
 という気持ちが沸きたつものだ』 チェスターフィールド

自分の大切な人を喜ばせばいいのです。

『世人のために大きな奉仕をする機会など、
 そうざらにあるものではない。
 これに反して、ささやかな喜びを誰かに与えることは、
 いつでも、どこでも出来る』 ヒルティ

『ほほ笑みで人を喜ばせよ。
 一日一人を喜ばせるという最低限のことでも、10年続ければ
 3650人に喜びを与えたことになる』 シドニー・スミス

小さなことでもいいのです。

ポイントとなることは想像することです。
 ほかの人が何を考え、どう感じているかを推し量ること、
 そして、その人たちを喜ばせるために自分のことばや行いを
 どう合わせたらいいか、考えることです』 ギャビン・ウィトセット

相手を喜ばせるきっかけをいつも探して、
 それがひと手間だろうと、ふた手間だろうと関係なく、
 喜んでもらえることにしあわせを感じるのが、
 人づきあいの意味することである』 松浦弥太郎

特別なきまりがあるわけではない。
 ひとつだけ私が言えるのは、
 自分がしてもらって嬉しいことを人にも、
 してあげなさいということだ』 チェスターフィールド

相手が喜びそうなことを想像し、してあげればいいのです。


more hint! 「人を喜ばせる


    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ