『楽しまずしてなんの人生ぞや』

吉川英治 「親鸞」より


幸せのヒント 「何を、どう楽しむか

  ぜんぜん楽しめない人生ではつまらないでしょう
  人生を楽しんでばかりはいられないでしょう

 人生の中で、何をやるかも大事ですが、どのくらい楽しめるか(幸せを感じられるか)も大事なのでしょう。

 どうせ生きるのなら(どうせやるのなら)、少しでも楽しめたほうがいいでしょう。
 何かをやる時には、「楽しもう」と心がけることも大切なのではないでしょうか。


more hint! 「生活を楽しむヒント

「楽しむ」に関する名言

  『自分の今行っていることを・・・心から楽しめる者は幸福である』 ゲーテ

  『春を楽しむように人生を楽しむ心があるならば、・・・』 松下幸之助

  『これを知る者は・・・これを楽しむ者に如かず』 孔子

  『楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ』 シェークスピア



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ