『柔道の基本は受身
受身とは ころぶ練習 まける練習
人の前にぶざまに恥をさらす稽古
受身が身につけば達人
まけることの尊さがわかるから』



相田みつを 「いちずに一本道いちずに一ツ事」


ころび方がヘタな人は大けがをしやすいのでしょう
ころんで起き上がる経験を大事にしたほうがいいのでしょう


幸せのヒント 「負けること

 『カチマケがあるからには、いつも勝たねばならぬとは限らぬ。
  むしろ上手に負けるほうがよい場合もある』 松永安左衛門

 『負けたってええやないの、
  相手の人が喜んでくれてはる』 内藤国雄

「負けてもいい」と考えられるといいのかもしれません。

 『精一杯やって 負けたら また練習すればいい』 福原愛

 『痛みがないわけではないが、きょうは負けてよかったのかもしれない。
  研究する材料がたくさんある』 イビチャ・オシム

負けをいい経験にできればいいのでしょう。

 『人間は負けるとわかっていても
  戦わねばならぬ場合がある』 バイロン

 『勝つことばかり知りて
  負くることを知らざれば
  害その身に至る』 徳川家康

負けの経験をまったくしないことは、
 自分のためによくないのかもしれません。


more hint! 「いい経験にしよう
more hint! 「仕事上のミス・失敗



    相田みつをの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ