『人を不安にするものは、事柄そのものではなく、
むしろそれに関する人の考えである』


カール・ヒルティ 「幸福論」より


不安になるようなことを考えるから、不安な気もちになる
不安を消したければ、そのことを考えるのをやめればいい


幸せのヒント 「先のことを思いわずらわない

 『私は人生の苦難を味わってきたが、
  実際に起きたのはほんの少しだった』 マーク・トウェイン

 『およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、
  不幸にならない前に不幸になっている心です』 セネカ

起こってもいない(起こるかどうかもわからない)不幸のために
 今不幸になってしまうのは、バカらしいのではないでしょうか。

 『あすのことを思いわずらうな。
  あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。
  一日の苦労は、その一日だけで十分である』 聖書

 『私は二年後をおもんぱかってしか、
  かつて生きたことがない』 ナポレオン

先のことを思いわずらうのは、
 ほどほどにしたほうがいいのでしょう。

 『すべてに覚悟せよ!もう、思いわずらうのはやめろ!
  なるようになる。すべてがなるようになる。
  ただ人間はそれを愛すればよいのだ』 ロマン・ロラン

 『しんぱいするな なんとかなる』 一休禅師の遺言

ある程度考えたのなら、あとは
「なるようになる」と考えたほうがいいのではないでしょうか。


more hint! 「心に不安を生み出しているのは自分の考え
more hint! 「不安な気もちになった時の幸せになる考え方
more hint! 『幸福論』ヒルティ



    カール・ヒルティの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ