『不愉快を感ずることも
われわれは自分の役に立てねばならない。
それも生の一部分、いや、大部分なのであるから』



ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


不愉快を感じるのは、自分が未熟だから
不快感は、自分を育てるために役立つのかもしれません


幸せのヒント 「不快感は、課題を知らせる合図

不快感を感じた時、

 「もし、人間としてできた人だったら、
  こんなことでこんなに不快な気もちにならないのではないか?」

と自問して、「そうかもしれない」と思えるのなら、
 不快な気もちになるのは、自分が未熟だから、と考えられるでしょう。

 『今感じていることは、
  今この瞬間のあなたの思考の結果です』 R・カールソン

 『否定的な感情とは、あなたが道をまちがえたことを教えてくれる
  内側からの助言、あるいは警告の合図です』 R・カールソン

  否定的な感情になるのは、
   自分がそういう考え方をしているから
  自分の考え方を変えれば、
   もっと気分よく生活できるようになれる

このように考えられるといいのではないでしょうか。

 『我が気に入らぬことが、我がためになるものなり』 鍋島直茂

 『すべてのことはいい経験』 本多時生

このような考え方ができれば、
 心の姿勢が前向きになり、不快感も小さくなるでしょう。
そして、不快感の経験から何かを学んでいければ、
 少しずつ成長していくことができ、
 不快を感じることも減っていくのではないでしょうか。


more hint! 「幸せになる考え方ができるようになるために



    ゲーテの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ