『たびたび井戸から水を汲むと、必ず濁る。
同じように、物思いをすればするほど心は乱れる』


中国のことわざ


幸せのヒント 「くよくよの悪循環を回避する

“くよくよ”は悪循環になってしまうことがよくあります。

  イヤな出来事があってくよくよしてしまい、それが悩みになる。
  悩みの原因が「自分のせい」だと考えると、
   自分を責めてくよくよしてしまう。
  「自分を変えたい」と努力しても、
   なかなかうまくいかずにくよくよしてしまう。
  悩みの原因が「人のせい」だと考えると、
   人間関係で悩みくよくよしてしまう。
  悩みの問題について、考え過ぎたり悪い想像をすることで、
   悩みを大きくしてくよくよしてしまう。
  悩みの解決を目指すが、すぐには解決できずにくよくよしてしまう。
  改善するための行動を起こしても、
   それがうまくいかずにくよくよしてしまう。
  悩みで悪い気分になり、気分に流されて悪いことをしてしまい、
   新たな問題が発生してくよくよしてしまう。
  仕事や人間関係などにも悪い影響がでてしまい、
   くよくよの材料が増えてしまう。
  悩んでしまう今の自分になってしまった原因を
   「過去の出来事や親や人のせい」だと考えると、
   自分ではどうしようもなくてくよくよしてしまう。
  悩みを「自分の性格やコンプレックス」とくっつけて考えてしまうと、
   問題が大きくなり、さらにくよくよしてしまう。
  気分転換や健康維持ができなくなり、心身の調子が悪くなる。
  生活を愉しむことができなくなり、
   そのような生活にくよくよしてしまう。

このようなパターンで“くよくよ”の悪循環に入ってしまうと
 生活全体に大きな悪影響を与えてしまいます。

“くよくよ”の悪循環に入り込まないように気をつけて
 問題解決を目指した考え方ができるように
 なれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「考えるのはいいこと、考えすぎはくよくよの元
more hint! 「問題解決のヒント



    ことわざ・格言などの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ