『急がば回れ』


「危険な近道よりも、
 安全な本道をまわったほうが結局早く目的地に着く。
 成果を急ぐのなら、
  一見迂遠でも着実な方法をとった方がよい」(広辞苑)


幸せのヒント 「あせらずに、前進する

一見すると近道でも、人が通っていないということは、
 何か理由がある、と考えたほうがいいのでしょう。

その理由がはっきりして、それを克服する自信があるのなら、
 その道を選んでもいいのかもしれません。

そうでなければ、あせらないほうがよさそうです。

 『急(せ)いては事を仕損ずる』
  (「あまり急ぐとかえって失敗を招きやすい」広辞苑)

ましてや、自分の人生の重大事だとしたら、一見遠回りでも、
 着実な本道を進んだほうがいいのかもしれません。
ちゃんと準備をしてからやったほうがいいこと、
 まず実力をつけることが大事なこともあるのではないでしょうか。

かと言って、たいして危険もないのに、
 その道を行こうかどうしようか、
 いつまでも迷うのもどうかと思います。

 『善は急げ』
  (「よいことをするのにためらうな」広辞苑)

早ければ早いほどいい、という事もあります。

人生の中には、
 『急がば回れ』がいいこともあるでしょう。
 『善は急げ』がいいこともあるでしょう。

あせらずに、自分が信じた道を
 前進することが大事なのではないでしょうか。


more hint! 「問題への対応の方針を決める



    ことわざ・格言などの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ