『人間を偉大にしたり卑小にしたりするのは、
その人の志である』


フリードリヒ・フォン・シラー (ドイツの詩人・戯曲家)


自分を高めるために、また心が卑しい小さい人間にならないために、
「こうなりたい」「こうはなりたくない」という
志をもつことが大事なのではないでしょうか


幸せのヒント 「成長という目的

 『最終的に、人は自分が志した場所にしか到達しない』 ソロー

 『運命はこころざし有るものを導き、
  こころざし無きものをひきずってゆく』 セネカ

志が無い・低いのは、
 自分(の今後の人生)のためによくないのかもしれません。

 『人は目的なり志なりを立てて、
  その実現に努力することが成功への道です』 ヘレン・ケラー

 『意志あるところに道は開ける

志をもって努力すれば、成功する可能性はあるでしょう。
少なくとも近づくことはできるでしょう。

 『青年よ、大志を抱け!』 クラーク博士

 『人間、志を立てるのに遅すぎるということはない』 ボールドウィン

大志を抱くのは難しいかもしれません。
中志でも、小志でも、無いよりかはいいのではないでしょうか。

少なくとも、卑小な人間にならないために、
「こうはなりたくない」という志はあったほうがいいでしょう。


more hint! 「なりたい自分



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ