『相手を変えようとする代わりに、
自分が成長することに
エネルギーを集中させましょう』



ロベルト・シンヤシキ 「ハピネス!」


イヤな相手を変えようとしても、まず変わらない
自分が成長することを心がけたほうがいい


幸せのヒント 「イヤな人から学び、自分が成長する

 『他人が私の正当な権利を侵害しないかぎり、
  たとえ他人の行動が不満でも、
  他人ではなく私が変わるべきだ』 ジェリー・ミンチントン

 『もし君にできるのならば、(悪いことをした人間を)改心させよ。
  もしできないならば、かかる場合のためにこそ
  寛大というものが君に与えられているのだ、
  ということを思い起せ』 マルクス・アウレリウス

人を変えようとするよりも、自分を変えたほうがいい場合が多い。

 『厄介な人に対処する一番の方法は、
  あなた自身が成長することである』 マーク・I・ローゼン

 『性に合わない人たちとつきあってこそ、
  うまくやって行くために自制しなければならないし、それを通して、
  われわれの心の中にあるいろいろちがった側面が刺激されて、
  発展し完成するのであって、やがて、
  誰とぶつかってもびくともしないようになれるわけだ』 ゲーテ

自分が人間として成長することで、
 イヤな人を苦にしないようになれるといい。

 『人生は学校であり、厄介な人は教師である』 マーク・I・ローゼン

 『あなたの人生に踏みこんでくる人は、ひとり残らずあなたの教師だ。
  ただし、教師だからといって好きになる必要はない』
                     アンドリュー・マシューズ

 『我以外皆我師』 吉川英治

イヤな人は「教師」と考えれば、学べることがあり、成長できる。


more hint! 「いい練習相手
more hint! 「人間関係のヒント
more hint! 「自分を変える



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ