『読んだものを自分のものにするには、
まず読みながら考え、
読み終えてからも考えることである』



ジョン・トッド 「自分を鍛える」(三笠書房)より


ただ本を読むだけでは、身につかないのではないでしょうか
自分でよく考えることが大事なのでしょう


幸せのヒント 「本を読んで、身につける

 『読書は単に知識の材料を供給するだけである。
  それを自家のものとするのは思索の力である』 ロック

 『読書して考えないのは、
  食事をして消化しないのと同じである』 エドマンド・バーク

速読・多読も一つの読書法ですが、
 何も身につかないようでは無駄になってしまいます。

 『つまらぬ本を百冊読むよりは、
  すぐれた本を百回読むほうがはるかにためになる』 アラン

 『一度読んだらスジがわかる。
  再読すればスジ以外の味が少しわかる。
  三読すると始め読んだ時、気づかなかった深みを感じる。
  それがよい小説を読むたのしみなのさ』 遠藤周作

いい本を何回も読み返し、よく考えることが
 今後の自分のためになるのではないでしょうか。


more hint! 「読み直せるいい本
more hint! 「学習・習練に関する名言集
more hint! 『自分を鍛える』ジョン・トッド



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ