『不幸とは、人生に対する
否定的な思考にともなう感情なのです。
そうした思考なしには、不幸は存在できません。
否定的な感情を持続させているのは、
あなたの思考以外のなにものでもないのです』



R・カールソン 「楽天主義セラピー」(春秋社)より


幸せのヒント 「思考と感情

  出来事、人、自分、現状、人生などについて、
   否定的な考え方をすると、イヤな気もちになってしまいます
  否定的な考えを続けると、イヤな気もちが続いてしまいます
  さらに悪く考えると、イヤな気もちが大きくなってしまいます

 イヤな気もちになる原因はいろいろあるでしょう。
 でも、イヤな気もちを続けたり強くしてしまうのは自分の考え方のせい、と考えることもできそうです。

 つい否定的な考え方をしてしまうのはしかたがないでしょう。
 否定的な考えを続けないように、さらに否定的に考えないように、自分の否定的な考えをストップし、肯定的な考えを心がけるようにできたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「幸せになる考え方


「不幸」に関する名言

  『自分で自分を支配することが出来ない人は、不幸になりやすい』 武者小路実篤

  『頑なの心は、不幸でいらいらして、・・・そして益々不幸だ』 中原中也

  『他人に興味を持つことによって自分自身を忘れよう・・・』 D・カーネギー

  『明日なにをすべきかを知らない人間は不幸である』 ゴーリキー



    リチャード・カールソンの名言集

リチャード・カールソンの本のページ

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ