『常に信念を持って主体的に生きるためには、
やはり心静かに、われ何をなすべきかを考え、
そのなすべきことを
ひたすらになしていくことが大切である』


「松下幸之助「一日一話」」(PHP研究所)より


幸せのヒント 「主体的に、幸せに生きるためには?

  まず、自分は何をしたいか?
     どうしたら幸せになれるか? をよく考える
  次に、それを実現するためには、
     どうしたらいいか? をよく考える
  そして、それを信じてひたすら実践する

 「自分の生き方はこれでいい」と信念をもって生きられたら、幸せでしょう。
 そのためには、自分が納得いくまで考えることが大事なのでしょう。その際に重要なのは、自分の心(気もち・望み・考え)を大切にすることではないでしょうか。

 時には、自分の生き方を心静かに考えることが必要なのかもしれません。


「生き方」に関する名言

  『食べるために生きるな。生きるために食べよ』 イギリスのことわざ

  『充実して生きるかどうかは、君の魂にかかっている』 セネカ

  『やりたいことをやってざっくばらんに生き、・・・』 本田宗一郎

  『笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生』 ドイツの格言

  『どのような道を歩くとも いのちいっぱいに 生きればいいぞ』 相田みつを



    松下幸之助の名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ