『偉人のやり方をそのまま真似るというのではなく、
それにヒントを得て
自分の持ち味に合わせたあり方を
生み出さねばならないと思う』



「松下幸之助「一日一話」」(PHP研究所)より


幸せのヒント 「自分ならこうする

  自分なら、ここを改善する、これを付け加える
  自分なら、こんなふうに自分らしさを出す
  自分の場合には、こういうアレンジをしたほうが合いそうだ
  自分なら、違うやり方をする

 ただ学んでも、自分の活動・生活に活かさなければ役に立ちません。
 また、ただそのままやっても自分には合わない部分も多いでしょう。

 「(自分が考える)ヒントにしよう」と思い、「自分ならこうする」と考えることができれば、自分に活かすことができ、自分の持ち味も出しやすいのではないでしょうか。

 先人のやり方をそのまま学ぼうとすると、「このやり方はよくない」「自分には合わない」などと考えてしまい、何も学べないことも多いでしょう。
 自分が考えるヒントとして考えれば、「自分ならこうする」「自分はこういうやり方はしない」などと、何かを学ぶことができるのではないでしょうか。それが反面教師であってもいいわけです。



「自分を育てる」ことに関する名言

  『進歩向上の比較を他人とするのではなく、過去の自分とする』 多湖輝

  『人に勝つより自分に勝て』 嘉納治五郎

  『我が気に入らぬことが、我がためになるものなり』 鍋島直茂

  『うまくいかなかった日は、寝る前に自問する』 L・L・コルベルト

  『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く』



    松下幸之助の名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ