『大事なことは、進歩向上の比較を
他人とするのではなく、過去の自分とすることです』


多湖輝 「まず動く」(高木書房)より


幸せのヒント 「進歩向上


  自分の進歩向上を実感できることは幸せなこと
  進歩向上は、過去の自分と現在の自分との比較でわかる

 人と自分を比較していたら、比較する相手によって左右されてしまいます。
 過去の自分との比較なら、自分の努力しだいで、進歩向上を確実に感じられるでしょう。

 「1年前の自分と比べたら、少しは幸せに(暮らせるように)なれた」
 このように思える人は幸せでしょう。幸せに暮らす心がけを1年間続ければ、このように思うことは可能なのではないでしょうか。
 そうすれば、「同じように努力すれば、これからも少しずつ幸せになっていける」とも思えるでしょう。


「自分を育てる」ことに関する名言

  『人に勝つより自分に勝て』 嘉納治五郎

  『我が気に入らぬことが、我がためになるものなり』 鍋島直茂

  『偉人のやり方をそのまま真似るというのではなく、・・・』 松下幸之助

  『うまくいかなかった日は、寝る前に自問する』 L・L・コルベルト

  『何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く』



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ