『幸福とは心の習慣である』

マックスウェル・マルツ 「幸福への挑戦」より


幸せのヒント 「心の習慣

幸福とは、人間にとって望ましい、心の状態。
心の状態は、心の働きの習慣によることが多いでしょう。

 受けとめ方
  物事を悪く受けとりやすい人は
   イヤな気もちになりやすいでしょう
  悪い事は軽く受けとめられるといいでしょう
  いい事は素直に喜べるといいでしょう
  物事を「幸せ」と思えることが多い人は
   それだけ幸せになりやすいでしょう

 望み方
  自分が幸せになれるような望みをもつことが大事でしょう
  叶わない/非現実的な/悪い望みをもつのはよくないでしょう
  望みをもたない人は幸せになりにくいでしょう
  希望や期待を胸に生きられたほうがいいでしょう

 考え方
  イヤな(人の)ことを考えやすい人は
   イヤな気もちになりやすいでしょう
  物事を悪く考えやすい人/悲観的な人は
   不幸な気もちになりやすいでしょう
  物事をいいように考え、前向きに考えられる人は
   幸せになりやすいでしょう
  幸せになれる望みを叶える方法を考えて
   行動する習慣がある人は、幸せになりやすいでしょう
  行動を愉しむ(愉しもうと心がける)習慣がある人は
   幸せな気もちになりやすいでしょう

幸不幸は、その人の心の習慣による所が
 とても大きいのではないでしょうか。

いい習慣をつくるためには、まず決心をし、
 はじめは意識してやるように心がけます。
それを続ければ、いずれ習慣となって、
 無意識にできるようになります。

日常的に幸せになるためには、
 幸せになれるような心の習慣をつくることが
 大事なのではないでしょうか。


more hint! 「幸せの青い鳥は、幸せに暮らす習慣



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ