『不満は進歩の第一歩』


西洋の格言


幸せのヒント 「不満

 不満を感じた時には、何かを変えたほうがいいのかもしれません。

  不満の対象を変える
   現状に不満があるのなら、現状を変える
   人に不満があるのなら、人を変える
   自分に不満があるのなら、自分を変える

  不満を感じる自分の心を変える
   求めすぎ、完璧主義なのかもしれない
   足るを知らない、欲張りなのかもしれない
   我慢が足りないのかもしれない
   現実を受け入れることができていないのかもしれない

 不満の対象を変えることが困難な場合には、自分の心を変えたほうがいいのではないでしょうか。
 そのためには、「不満は進歩の第一歩」と考え、自分を変えるきっかけにできればいいのでしょう。

 不満を減らしていくことが、自分の進歩につながり、自分の幸せにもつながるのではないでしょうか。


「満足・不満」ことに関する名言

  『幸福はみずから足れりとする人のものである』 アリストテレス

  『現在もっているものに満足しない者は、・・・』 アウエルバッハ

  『幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待する事である』 フォントネル

  『物の値打ちは、それが無いときにいちばんよくわかる』 イギリスのことわざ

  『必要は発明の母』



    ことわざ・格言などの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ