『心配ごとに次いで、
不幸の最も強力な原因の一つは、
おそらくはねたみである』



ラッセル 「幸福論」(岩波文庫)より


“ねたみ”は不幸の元


幸せのヒント 「嫉妬と比較は不幸になる考え方

 『ねたみ深い人は、他人に災いを与えたいと思い、
  罰を受けずにそうできるときには必ずそうするだけでなく、
  ねたみによって、われとわが身も不幸にしている。
  自分の持っているものから喜びを引き出すかわりに、
  他人が持っているものから苦しみを引き出している』 ラッセル

 『妬みによって幸福になる人間はどこにもいない』 グラシアン

妬みは、不幸しか生まないのではないでしょうか。

 『嫉妬する人はわけがあるから疑うんじゃないんです。
  疑い深いから疑うんです』 シェークスピア

 『憎しみは積極的不満で、嫉妬は消極的な不満である。したがって、
  嫉妬はすぐに憎しみに変わっても怪しむに足りない』 ゲーテ

「うらやましい」ぐらいならいいのでしょうが、
 妬む・憎むのは自分のためにやめたほうがいいでしょう。

 『嫉妬はつねに他人との比較においてであり、
  比較のないところに嫉妬はない』 ベーコン

 『もし他人と比較して自分の方が幸福だと感じて、得意になる人があれば、
  それは本当の幸福人でなく贋物の幸福人で、
  自分より幸福なものを見ると嫉妬を起こすであろう。
  対天的でなく対人的だからである』 武者小路実篤

人と自分を比較する考え方から、
 嫉妬や劣等感などの不幸は生まれるのでしょう。

 『他人と比較してものを考える習慣は、
  致命的な習慣である』 ラッセル

 『人は人 我は我

「人は人、自分は自分」と
 思えるようになれたらいいのではないでしょうか。


more hint! 「嫉妬してしまう
more hint! 「比較は不幸になる考え方



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ