『怒りは腹の中にためておくよりも
表に出したほうが健康的であるが、
全然腹を立てないようにするほうが
もっと健康によいのだ
ということを忘れないこと』



ウエイン・ダイアー 「どう生きるか、自分の人生!」より


怒りの感情は、人間関係に悪影響を及ぼしやすいだけでなく、
自分の心身の健康にもよくないのでしょう


幸せのヒント 「できるだけ腹を立てないように心がける

怒りを表に出すことでスッキリして
 カラッと忘れられる人は、それもいいでしょう。
でも、怒りを表現することで
 余計に怒りの感情が激化してしまう人が多いのではないでしょうか。
また、怒りを爆発させてしまい、
 後悔するようなことをしてしまうのはよくないでしょう。

 『あなたを怒らせるのは人のせいではありません。
  あなたのその人に対する反応のせいなのです』 R・コンクリン

怒りを大きくしてしまうのは、
 そういう考え方をしているからでしょう。
怒りが続いてしまうのは、
 いつまでもそのことを考えているからでしょう。

 『怒りに対する最上の答えは沈黙』 ドイツのことわざ

怒りの対象に関する心の声(考え)を
 沈黙させることができれば、怒りは自ずと鎮まっていくでしょう。

 『自分の健康と幸福のために
  敵を赦し、忘れてしまおう』 D・カーネギー

怒りの感情が湧いても、それを軽く受け流し、
 心を切り替えられるようになれるといいのではないでしょうか。
自分の健康と幸せのために。


more hint! 「人に対する悪感情
more hint! 「心を切り替えるための幸せになる考え方



    ウエイン・ダイアーの名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ